その音は感情かコマンドか?これは「クラウドの耳」になるかも

クラウドの耳としての拡張製

『Listnr』はあえて完成形を取らずに、汎用性を残した製品として提供されている。つまり、APIを公開することで、対応サービスやアプリを自由に開発できる環境を提供しているのだ。

このことによって、『Listnr』という“クラウドの耳”をどのように活用するかというアイデアが今後広がっていく余地を残している。

この辺りが既に発表されている類似製品の『Amazon Echo』と異なる部分だ。『Amazon Echo』は何ができるか明確だが、『Listnr』はまだ利用方法を限定していない。

このクラウドの耳がどのように活用されていくのかは、まさにこれからだ。あっと驚くようなアイデアが出てくるかもしれない。

 

【関連記事】

※ 2015年「クラウドファンディング界」注目の動き5選

※ スマホ節電の新兵器がクラウドファンディングで多くの支持を獲得

※ 家族を見分ける!スマホと連動するセキュリティカメラ

【参考・画像】

※ Listnr: Your Listening Assistant by Rie Ehara &mdash – Kickstarter

1ページ目から読む