突き詰めると「観覧車型」になった!5人でシェアできる洗濯機

円状の5つのスペースが自動でスイッチ

家電などの“奪い合い”といった問題は、製品の数を増やせばたしかに解決できるが、洗濯機に関しては排水口などの点からも現実的ではない。

そこで発表されたのが『Quinque Washer』。ラテン語の“5”を意味する“Quinque”のプロダクトネーム通り、なんと5人分の洗濯物を分けて洗うことが可能だ。

洗濯槽を5つに区切り、5人分を分けて洗う、ということではない。洗濯槽は中心に1つあり、その周りを5つのスペースに分かれた“洗濯物待機室”が囲うデザインとなっている。

洗濯が済むと自動的に次のスペースから洗濯物を取り出し、済んだ洗濯物とスイッチしてくれる。5つのスペースが時計回りで順番にローテーションしていくことで、予約システムのような役割を果たしてくれるのだ。

1ページ目から読む