突き詰めると「観覧車型」になった!5人でシェアできる洗濯機

観覧車がデザインソース

見た目はコインランドリーなどにある大型の乾燥機のようだが、デザイナーのKyumin haによると観覧車がデザインソースとなっている。

現時点では壁に取り付ける形のようだが、かなりコンパクトに収まりそうだ。ただ、気になるのは洗濯物の容量だろう。公式に容量が発表されていないので詳細はわからないが、5つのスペースがあることで1つ1つの容量が少ないようにも感じる。

しかし、これまで周りに配慮して“まとめて一気に洗う”としていた洗濯事情が解消されれば、自然とこまめに洗濯するようになるのではないだろうか。

Quinque2

 

シェアハウスだけでなく、一般的な家庭でも、汚れ物などを分けて洗いたい時などは、スペースを分けて1度に設定できるのでメリットは大いにありそうだ。洗浄力や節水など、洗濯機の機能は進化してきたが、こういった分別機能はこれまでなかった気がする。

「英語学習のため外国人と一緒に暮らしたい」、「お金の節約に」、「楽しそう」など、シェアハウスブームはまだまだ続くだろう。また、最近では旅行者向けのゲストハウスなども注目を集めており、こういった製品への需要は高まるはずだ。

 

【関連記事】

※ これが洗濯機だなんて誰も信じない

※ 家族を見分ける!スマホと連動するセキュリティカメラ

※ 家電の脳波コントロールが現実味を帯びてきた 

※ トヨタがカーシェア実験で次世代の都市型交通スタイルを模索する

※ ドローンの進化が止まらない!「CES2015」で注目された技術4選

【参考・画像】

※ Quinque Washer – Tuvie

1ページ目から読む