テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

テスラもトヨタも特許権を維持

勿論、テスラ、トヨタ共に特許権を放棄した訳ではないので、状況が変わればいつでも特許権を行使することが可能だ。

トヨタが今回一時的に開放した膨大なFCV関連の特許の数々は、期限が満了する2020年以降の使用については有料となる可能性も十分にある。

その場合、2020年の段階で後続他社は同社の特許に触れていれば特許料を支払う必要が出るため、結果的に特許開放中の早い段階でFCVを発売する可能性が高まる。

それによってトヨタ1社だけでは到底対応しきれない世界レベルでの水素ステーションの拡充に弾みが付くことになるだろう。

TOYOTA_FCV

トヨタに特許料を払いたくなければFCVを販売する傍らで2020年までに特許回避策を準備しておけば済む話で、ひいてはそれがFCVに新たな技術革新をもたらす原動力につながる可能性もある。

 

テスラが世界的に足踏みするEVの普及を活性化させ、充電ステーション網の充足を加速させようと自社特許の公開に打って出たように、トヨタはFCVでEVと同じ轍を踏まない為にも、特許を開放することで水素ステーションの拡充を早い段階で確立しようとしているのだ。

今回のトヨタの特許公開がそうした“シナリオ”どおりに進むのかどうか大いに注目したい。

【関連記事】

意外と知らない水素エネルギーの大事な話5つ

※ 東京五輪の選手村が「水素タウン」になることは正しい選択なのか

日本経済再興に組み込まれた「燃料電池車」普及戦略

FCVとかPHVとか色々ありすぎて分かりにくい次世代自動車まとめ

テスラが「EV特許公開」その裏にある複雑な事情とは

【画像】

※ テスラモーターズジャパン

トヨタ自動車、燃料電池関連の特許実施権を無償で提供

1ページ目から読む