最強のボディガード!? ドローンを迎撃するためのドローン

目的物がドローンであれば速やかに排除

現在は開発の真っ最中であり、動画などがないのが残念だが、「こんなもので大丈夫?」という私たちの不安のいくつかには答えてくれている。

例えば、『Rapere』はインターセプトボタンを押したと同時に飛んでいくそうだが、複数のカメラを搭載しており、目標がドローンなのかを判別してくれるそうだ。つまり、私たちが鳥などをドローンと間違えて出動させてしまっても大丈夫なのだという。

本当に危険なドローンがあなたの近くに飛んできたとしよう。あなたを狙うくらいだからよほど高性能なドローンかもしれない。だが『Rapere』はドローンを撃ち落とすためのドローンだ。素早く任務を完了するために、常に最高速度を保つように設計されているという。また、最高高度100フィート(約30メートル)まで一気に上昇し、速やかに目的を達成するのだそうだ。

 

WEBサイト『IEEE Spectrum』によると価格は未定だが、簡単には手に入らないようなプロ仕様で開発中とのこと。セキュリティ関連会社への販売や商業施設などでの運用が最初になるのだろうか。

というよりも、正直なところ一般人である私たちがこのようなドローンを購入する必要などないよう願いたいものである。

 

【関連記事】

※ ドローンの進化が止まらない!「CES2015」で注目された技術4選

※ ウェアラブル変声機?高性能マイクで「声」を操れるようになるかも

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

※ 2015年は水素元年!? バイクが「燃料電池車」になる日

※ ダイムラー開発の防弾車「S600 Guard」脅威のスペック

【画像・参考】

Rapere.io

Rapere – IEEE SPECTRUM

1ページ目から読む