3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

世界初の画期的な試み

製作したのは米ベンチャー企業のローカル・モーターズで、同社によれば『ストラティ』は世界で初めて3Dプリンターで製作されたクルマで、現状では車体の成型に44時間かかるが、最終的には12時間程度にまで削減する予定という。

同車は2人乗りのEVで、車体は同社が『マイクロファクトリー』と呼ぶ小工場で大型の3Dプリンターにより炭素繊維を配合したABS樹脂材料を積層して作られる。

ちなみに駆動用バッテリーとサスペンションについてはルノー社から調達したそうで、最高速度は約80km/h、3.5時間の充電で航続距離は約100km。

1ページ目から読む