NASAが開発した「痩せるベスト」は意外にもローテク!?

ある程度の自制心も必要

たしかに、この方法でカロリー消費量を増やすという理屈には信憑性がある。

身体を動かすのが面倒でも、その時間がなくてもカロリー消費量を増やすには最適だろう。

ただし、筆者の経験上ひとつ言っておきたい。カロリー消費量が増えれば、そのぶんお腹は空くのである。それでよけいに食べてしまえば体重は減らない。

痩せたければ、やっぱりある程度の自制心は必要なのだ。

 

【関連記事】

※ 次世代のイヤホンにはダイエット機能がつくかも

※ お腹にもスマート化到来!? ウエストを自動調整してくれるベルトとは

※ ヤモリが宇宙を救う!? スペースデブリ(宇宙ゴミ)回収の新技術

※ メリットしかない?「ミドリムシ飛行機」が注目される理由

※ 2015年は健康分野でも!ビッグデータ活用が進む「データヘルス計画」

【参照・画像】

※ The Cold Shoulder Calorie Burning Vest – Kickstarter

1ページ目から読む