自宅でダウンヒルを突破!? 本格サイクリングができるVRエアロバイク

VR+エアロバイクの今後の可能性

『B1 Bike』はバーチャルサイクリングだけではなく、ネットと連動して同エアロバイクを使用しているユーザーとレースなどもできるので、楽しみながらトレーニングをすることが可能だ。

その感覚が“エクササイズ=面倒”という印象を払拭し、運動嫌いの人が減ることにも繫がっていくかもしれない。

また、自転車競技の選手が実際のコースをヘッドセットやタブレットでシュミレーションし、大会に挑んでいくということも十分にあり得るだろう。

 

このエアロバイクはアメリカのラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー『CES 2015』で展示されたもので、近い将来に発売されるという。

Activetainment社では『B1 Bike』の他にもランニングマシンやローイングマシンでもVRと融合させたものを開発しているようなので、今後もチェックしていきたいところだ。

 

【関連記事】

※ あらゆる自転車を電動に変えてしまう魔法のホイール

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

※ ポケットに入る!スマホケース型のヘッドマウントディスプレイが登場

※ 3Dプリンターの精巧な心臓レプリカが子供の命を救う

※ 2015年は水素元年!? バイクが「燃料電池車」になる日

【参考・画像】

※ Activetainment

1ページ目から読む