未来のクルマは自転車の接近を「肩たたき」で教えてくれるようになる?

警告は瞬時に認識できないといけない

Bike_Sense_01

これは同社のウェブサイトで発表された『バイク・センス』研究の一部だ。この『バイク・センス』は、クルマに接近しつつある自転車やバイクをセンサーで検知して、それを素早く運転者に知らせることを目指している。

この素早くというところが大事だ。自転車やバイクはそれなりのスピードで走ってくるので、ドライバーは右左折や発進、ドアの開閉を瞬時に止めないといけない。そのために様々な工夫をしている。

たとえば斜め後ろから自転車が来ている場合は、シートを使って肩に刺激を与える。自転車が前を横切ろうとしているのに発進しようとすると、アクセルペダルに振動を与える。後方確認をせずにドアを開けようとすると、ドアノブに振動を与えるといった具合だ。あわせて自転車のベルの音を車内で鳴らしたり、ダッシュボードを光らせたりもしている。

 

操作に使うインターフェイスそのものを使って警告をするのは効果的だろう。イギリスだけでも年間1万9,000人のサイクリストが自動車事故で死亡したり怪我をしたりしているという。

この警告方法のすべてではなくても、一部が実用化されるだけで、事故は大きく減らせるかもしれない。

 

【関連記事】

※ 情報を守る新たな門番は「マウス」かも!使い方のクセで個人を特定

※ アノニマスの「ハックティビズム」が起こした5つの事件と活動

※ 家族を見分ける!スマホと連動するセキュリティカメラ

※ 最強のボディガード!? ドローンを迎撃するためのドローン

※ 散らばった家のリモコンを一括管理できるスマートリモコン

【参照・画像】

The official Media Centre for Jaguar Land Rover

1ページ目から読む