花の水やりも管理も「スマート鉢植え」に任せてしまえばいい!

計測だけに留まらない集合知を利用した管理システム

本体にはBluetooth4.0LEを内蔵。スマートフォンやタブレットからの分析を可能にしている。

iOS/Androidどちらにも対応した無料のアプリでは、前述した計測センサーからの情報を可視化。植物にとって適切な光量や水分を外出先からも確認できる。

parrotpot_03

計測だけでは留まらないのがこのシステムの特徴だ。事前にサンプリングした8,000種以上の植物データベースから最適な育て方をアドバイスしてくれる。

またクラウドベースの“集合知型”のコミュニティ機能も備わっており、専門家から直接アドバイスを聞くことも可能だ。忘れっぽくて植物を枯らしてしまいがちな残酷なアナタでも、植物とともに過ごすモチベーションを上げてくれることであろう。

 

Parrotはこのほかにもドローンと呼ばれる空撮可能なクアッドコプターや、衝突回避を予測する車載システム、ヘルスケアトラッキング機能のついたワイヤレスヘッドフォンなどを『CES2015』で発表した。

一見それぞれが独立するテクノロジーのように見えるが、情報という側面を切り取ると一貫性のある進歩を遂げているとも推測できる。

たとえば多くの人が空撮をすることで、局所的な天候の変化を伝えて、今回紹介したスマートポッドにアラートを伝えることができるかもしれない。ユーザーを虜にすることで生まれる新たなデバイスやガジェットの登場を期待したい。

 

【関連記事】

※ ドローン専用のエアポート!? 配送システムが大きく変わるかも

※ ギヤボックスからギヤをなくしたらメリットが多かった

※ 空中に文字が書ける!? 指先の軌跡を認識する「指輪型」デバイス

※ 何にも触れずに楽器が弾ける!? 「KAGURA」の心地良いデジタル体験

※ iPadを仮想現実ヘッドマウントディスプレイにしてみた

【参考・画像】

Smart Pod – Parrot

1ページ目から読む