PCを徹底的に小型化したらマウスの中に入っちゃった!

絶対に必要な要素だけが残った

『MOUSE-BOX』と名づけられたこのアイテム、PCのポータブル性を徹底的に追求した結果考えられたものだ。

PCにおいて省ける要素を徹底的に取り除き、最後に残った要素をまとめると、最終的に“マウス”の中に“PC”を入れることになってしまったのだ。

MOUSE_BOX01

『MOUSE-BOX』は表示部を持たないので、もちろんこれだけでは使えない。使用する際にはなんらかのディスプレイに接続する必要がある。マイクロHDMIのケーブルでTVモニターに有線接続できるほか、HDMI、VGA、DVIなどの規格を持つディスプレイにワイヤレス接続できるという。

本体はWiFi接続機能を持つので、簡単にインターネットにアクセスできる。プロセッサに4コアの1.4GHz ARM CORTEXを使用し、小さいながらも十分な性能を発揮する。

使用する際にはワイヤレス充電パッドを使えば、電池切れの心配もない。128GBのフラッシュドライブを内蔵しているので、記憶容量も十分だろう。USB3.0のポートをふたつ備えている。

MOUSE_BOX02

なお、通常のPCに接続すれば、単なるマウスとして使うこともできる。一方で通常のPCとデータのやりとりをすることも可能だ。

これでなにができるだろうか? 動画で紹介されているものでは、たとえば職場でディスプレイの入力を切り替えるだけで、こっそり自分のプライベートPCの作業ができる(いきなりサボり!)。あるいは会議の際にプロジェクターに直接接続してプレゼンテーションができる。

1ページ目から読む