埋め込み型ダイエット!? この装置を使えば痩せられるはず

ペースメーカーのような装置を埋め込む

この治療法を実現するのが、『マエストロ・システム』と名づけられた機具だ。

ペースメーカーのようにも見えるこの装置は、患者の体内に埋め込んで使用する。そして消化器系を司る神経を断続的にブロックすることで空腹感と満腹感をコントロールしようというものだ。

VBLOC01

その点、消化器系の働きを制限してしまったり、栄養の摂取を制限してしまうという外科的肥満治療法とは大きく異なる。患者の苦痛やライフスタイルの変化は少ない。

正直にいって、日本ではあまり縁がないひとが多いだろう。日本は先進国のなかでもトップクラスに肥満が少ない。この装置が開発されたアメリカとは比べものにならない。

いくら食生活が西洋化してきたとはいえ、まだまだそれほど緊迫した問題にはならないだろうことは、欧米を旅行して現地の食生活にふれてみればわかるはずだ。

とはいえ、日本人は精神論に走りやすい。特に減量はそれなりの苦行が要求される。痩せないといけないのに、意志が弱いからなかなか痩せられないというひとは、こういう装置を使ってみてもいいのではないだろうか。なにより健康が第一だからだ。

 

【関連記事】

※ NASAが開発した「痩せるベスト」は意外にもローテク!?

※ ウェアラブル心電図が「心臓病」研究を変える!?

※ 血糖値は「タトゥーシール」で計測すると楽になる

※ 次世代のイヤホンにはダイエット機能がつくかも

※ 収縮する「バイオ人工筋肉」が医療の発展に革命を起こす!?

【参考・画像】

※ EnteroMedics

1ページ目から読む