これがほしかった!バッテリーと外付けメモリを足したら便利過ぎる

 

ニーズをとことん考えたモバイル外付けメモリ

イメーション株式会社から発売されている『LINK Power Drive』は、モバイルバッテリー備え、SSDによる高速なデータ転送を実現したiPhone用の外付けメモリだ。

同社の調べによると、iPhoneユーザーが抱える悩みの7割近くがバッテリーとディスク容量の不足であることが判明している。さらに、ライトユーザー(1日1時間未満)よりヘビーユーザー(1日3時間以上)のほうが、それらの経験比率が高いそうだ。

『LINK Power Drive』には、この2つの問題を解決するための様々な機能が備わっている。

1つ目はUSBとlightningコネクタを使った高速通信機能。iPhoneやPCのデータを保存し、従来製品の約4倍の速さで転送可能となる。例として100MBの動画ならわずか12秒ほどで転送が済んでしまうそう。またそのスピードを利用し、ストリーミング再生にも対応しており、データをローカルディスクにコピーしなくともそのまま楽しめるのだ。

img_slide04

2つめはモバイルバッテリー機能。3,000mAhと、最大モデルのiPhone6 Plusでも十分な容量であるが、特記すべきはデータ転送中や再生中であっても充電可能な点。途中でスマホ本体のバッテリーが切れ、データの破損といった心配も少ない。

3つめは、本体に内蔵されたスタンドだ。地味であるが、ユーザーのニーズをとことん考えた結果なのではないだろうか。動画やWeb閲覧のほか、資料作成やメールの返信等、いろんなシーンでの活用が期待できる。

img_slide02

サイズも最大幅73mm、厚さ21mmと思った以上にスマート。ラインアップは16GB〜64GBで9,100円からと、モバイルディスクにしては少々割高だが、その多機能ぶりはまさに“痒い所に手が届く”仕様となっている。

 

SSD機能のおかげで使用頻度が高まり、モバイルバッテリー内蔵により外に持ち出す意味も大きくなる。もう一度申し上げたいのだが、なぜこれらが一つになった製品が少ないのだろうか。

家でも、オフィスでも、旅先でも、あると便利な外付けメモリ。検討してみてはいかがだろう?

 

【関連記事】

※ 待ってました2倍速!世界一高度なスマホの「充電ケーブル」

※ iPhoneを「倍速チャージ」できる充電器は裏技でもなんでもなかった?

※ パナソニックとペットボトルを操る団体が「未来のエネルギー賞」を受賞

※ 花の水やりも管理も「スマート鉢植え」に任せてしまえばいい!

※ テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

【参考・画像】

LINK Power Drive – イメーション株式会社

1ページ目から読む