やっぱり日本はすごかった!月探査コンペでハクトの「ローバー」が中間賞

日本チームハクトに賞金6,000万円!

3部門それぞれ3チームずつ選出されたが、そのなかの『Mobility(移動性)』部門で、日本の民間企業であるハクトが受賞した。賞金は50万ドル(約6,000万円)だ。

150129googleluna-03

ハクトは、小惑星探査機『はやぶさ』の開発に携わった東北大学大学院教授の吉田和哉氏やベンチャー企業経営者などが参加。『Google Lunar XPRIZE』に参加している唯一の日本チームである。

その開発状況は公式ページで公開されている。すでに何台もの月面ローバーを開発。実証実験を繰り返しており、その開発力と技術力は世界有数のチームだ。

mr

今回中間賞を受賞したのは『Moonraker』という月面探査ローバー。過去のプロトタイプ機から収集したデータを反映させた、限りなく本番機に近いモデルということだ。動画で動いている姿を見ることができるが、これが月面を走っている姿を想像すると、胸が熱くなる。

1ページ目から読む