やっぱり日本はすごかった!月探査コンペでハクトの「ローバー」が中間賞

民間による宇宙開発の障害は“資金”

民間チームによる宇宙開発で一番問題になるのは、やはり資金面だ。このようなコンテストによる賞金は、開発にかなりの力となることだろう。

『Google Lunar XPRIZE』の最終締め切りは2016年12月31日となっている。今回5チームがマイルストーン賞を受賞したが、コンテストには合計18チームが参加している。

今回のマイルストーン賞はあくまでも中間賞。最終締め切りに向けて全18チームは全力を出して開発を進めていくことだろう。

いったい、どのチームが優勝するのだろうか。残り2年弱。ハクトにはもちろん、他のチームにもがんばっていただきたい。

 

【関連記事】

※ 衛星によるネットワークでインターネットはさらに威力を増す

※ iPhoneでさえ「ワイヤレス充電」できるスリーブケースが登場!

※ 次世代環境車の本命!? プリウスPHVの底力

※ 地域イベントの成功・不成功はWiFiで検出できる

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

【参考・画像】

※ Google Lunar XPRIZE

※ ハクト

1ページ目から読む