フィンランドの幼児教育に「おバカ」なヒーローが参戦!

エクストリーム競技を基にした施設が大ブーム

「時には羽目を外し、無茶なことにも挑戦してほしい」と願う親たちのニーズに応え、エクストリーム競技を基にした遊びを体験できる施設がフィンランドでは目下大ブーム。ついには、それを取り入れた保育園も展開されることになった。

この背景には、フィンランドのお国柄と、今や国民的ヒーローとなったDUDE(デュード:愛すべき大バカ野郎)な4人組の生き様が影響しているといえるだろう。

 

お国柄~愉快なフィンランド人

森と湖の国フィンランドの国民イメージは、“無口で内向的”とされている。しかし、それを真に受けてはいけない。彼らはそういったイメージで外国人にネタにされることを楽しんでいる節があり、自分の本当の姿と違う架空のイメージを他者に植え付けることを楽しんでいるかのようだ。

そんなフィンランド人の本当の姿を知るには、3つの方法があるという。

一緒にビールをたらふく飲むか、サウナや湖で一緒に裸になるか、そして、乗り物のハンドルを握らせるか、だ。

お酒が入ったり裸同士の付き合いになると、彼らは饒舌になり、ジョークを連発する。まるで素面の時や服を着ている時の姿が仮の姿だといわんばかりに。そして大自然のなかでひとたびハンドルを握ると、穏やかだった彼らは別人になる。

人口500万人程度の小国にも関わらず、フィンランドは世界的ドライバーを多く生んでいる。F1チャンピオンも2人輩出し、オフロードレースのラリーでもフィンランド人は大活躍だ。

自動車だけには限らない。板切れ一つあれば、彼らの血を騒がせるには十分だ。スキーやスノーボード、スケボーなどエクストリーム競技の世界でも、フィンランド人のスピードにかける情熱と、危険をものともしない強靭なハートは一目置かれる存在だ。

また、エクストリーム競技にはユーモアを貴ぶ精神文化もある。日本でも人気となったエアギターをはじめ、奥様運び選手権、携帯電話投げ選手権、裸でアリの巣に座る選手権など、フィンランドには多くの“おバカ”なエクストリーム競技が存在する。

国土の3分の1が北極圏という“極限”に近い環境で生きるフィンランド人の体内には、極端な環境に身を置き、そんな自分を自虐的に楽しもうというDNAが脈々と受け継がれているようだ。そしてそれがテレビの世界に奇跡のように具現化されたのが、人類最北のDUDEな4人組、『The DUDESONS(デュードソンズ)』だ。

dudesons デュードソンズ フィンランド

1ページ目から読む