フィンランドの幼児教育に「おバカ」なヒーローが参戦!

エクストリームな4人組~フィンランドから世界へ

小学校からの親友であったJARPPI、JARNO、HP、JUKKAの4人は、多くの少年たち同様スケボーやマウンテンバイク、スノーボードに夢中になり、自分たちで技の映像を撮ってはビデオに編集し、友達間で回して楽しんでいた。凄い技の映像も人気があったが、豪快に失敗した時の笑える映像はもっと人気があったという。

高校卒業後、町のケーブルTV局で働き出したJARNOは、これまで自分たちが撮り溜めてきたような映像がお金になることに気が付いた。2000年に始まった彼らのビデオを流す番組は、過激なスタントと下ネタたっぷりのユーモアで瞬く間に町の話題に。一年後には、全国局で放送が開始された。

北極圏にもほど近いところに広大な農場を手に入れた彼らは、そこを壮大な遊び場『DUDESONS RANCH』と名付け、よりスケールの大きな捧腹絶倒スタント映像を制作し始める。

病院送りや警察沙汰、大自然のなかで美女たちと全裸で戯れるなど、彼らの心身ともにエクストリームな姿は若者たちだけでなく、オトナたちの心の奥深くに眠る“フィンランド魂”にも火を付けた。

2003年には世界展開を見据えて英語版の制作も開始。2006年にはアメリカとオーストラリアで英語版放送がスタートする。

2007年には世界22か国で放送され、フィンランドのテレビ番組史上新記録を樹立。2010年には150か国で放送されるに至った。この年MTVと1話につき約5,000万円でアメリカ版独占契約。わずか数年でフィンランドの国民的スターから、世界の“おバカ”スターへと階段を駆け上った。

1ページ目から読む