Macもカメラもテレビも!なんでも充電できるモバイルバッテリー

外出先、災害時に発揮する実用性

『LIFEPOWER A2』があれば、充電ができない公園でのPC作業など、出先での仕事効率を大きく上げてくれるだろう。

しかし特筆すべきなのは、災害時における実用性だ。

さすがに『LIFEPOWER A2』には発電機ほどのパワーはないため、電子レンジやトースターのような高い電力を使用するものには使えないが、“テレビ2時間分の電力”があるだけで災害時の情報収集や危険回避には十分といえるだろう。

天気予報で豪雨や雷などが予想された場合、あらかじめデスクトップPCに『LIFEPOWER A2』を通しておくことで、停電時のPCへのダメージを回避するという使い方だって可能だ。

LIFEPOWER A2 2

 

この『LIFEPOWER A2』はまだプロトタイプの段階で、海外の出資募集サイト『Indiegogo』にて資金を募っている。

現在のモデルで使用可能な電力はヨーロッパやアメリカの規格のみで、変圧器を使用すれば日本製品も可能だが、十分な注意が必要となる。

しかし、このような人々の生活にダイレクトに影響するアイデアは貴重なので、海外でプロジェクトが上手く進み、将来日本でも正式に発売されることを期待したい。

 

【関連記事】

※ これがほしかった!バッテリーと外付けメモリを足したら便利過ぎる

※ 知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ iPhoneを「倍速チャージ」できる充電器は裏技でもなんでもなかった?

※ コンパクトなのに本格的!タブレット端末の別体キーボード決定版

※ 「インフラ整備と水素社会の展望」トヨタFCV開発者インタビューvol.4

【参考・画像】

※ Lifepower A2 – Indiegogo

1ページ目から読む