離婚が激増するかも?常に会話を録音してしまうハンズフリー機

別のBluetooth機で通話をしても録音される

そしてもうひとつ注目すべき機能がある。別のBluetoothハンズフリー機を使って通話したとしても、ペアリングされたスマートフォンが電波の届く範囲内にあるかぎり(目安は約10mだ)『Bluewire』に会話が自動的に録音されてしまうのである!

なお録音された会話は、スマートフォンの専用アプリを使って再生することができる。またNFC対応の端末であれば、この『Bluewire』をスマートフォンにタップするだけで、最新の会話記録がスマートフォンに転送される。

Bluewire08

その他の機能としては、『Bluewire』を振るとスマートフォンが鳴るようにできるので、スマートフォンをどこに置いたか忘れたときにはすぐに見つけることができる。

そのほかにもスマートフォンとBluewire間で使えるトランシーバー機能があったり、本体にLEDライトが内蔵されていたりといろいろ便利だ。

この『Bluewire』、Bluetoothの規格としてはBluetooth4.0に適合する。iOSは6.0以降、Androidは4.3以降に対応する。内蔵メモリの容量は16GB。バッテリーは最大約4時間の通話、2.5時間の録音、560時間の待機が可能だそうだ。Qiを使ってワイヤレス充電ができるので、いちいちケーブルを差し込む必要はない。希望小売価格は269ドルで、7月ごろデリバリーの予定だという。

Bluewire09

自動的に録音してくれるというのは、状況によっては非常にありがたい。会話の詳細を忘れてしまったときに助かるし、メモをとれる状況じゃなくても重要な電話を待つことができる。

いっぽうで、うかつに浮気相手とBluetoothで会話をしたりしようものなら、簡単に尻尾をつかまれてしまいそうだ。これで離婚が増えるなんてことがなければいいが。

なお、相手の了承を得ずに通話を録音することが禁じられている国もあるようなので、気をつけてほしい。

 

【関連記事】

※ ウェアラブル変声機?高性能マイクで「声」を操れるようになるかも

※ 「私をスキーに連れてって」ほしくなるスマートゴーグル

※ 衛星によるネットワークでインターネットはさらに威力を増す

※ アノニマスの「ハックティビズム」が起こした5つの事件と活動

※ テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

【参考・画像】

※ Bluewire – INDIEGOGO 

1ページ目から読む