iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

 

スマートフォンで“思いどおり”の写真を撮るためのレンズ

今回の記事の主役は新しく発表されたケースだが、その前にレンズのほうを紹介しておかなければいけない。

Momentというメーカーが発売した「カメラを持ち歩くのには飽きてしまった。でも、スマートフォンのカメラでは、思いどおりの写真が撮れない」というひとのために作られた、スマートフォンで“思いどおり”の写真を撮るためのレンズだ。

遠くを拡大して写すことができる望遠レンズと、広いエリアを撮ることができる広角レンズが用意される。映画撮影用レンズにたずさわって25年という技術者が作り出した本気のレンズで、大きい口径によってクリアな画質を獲得し、劣化や歪みは最小限に抑えられている。

ただスマートフォンの写真の画角を変えようというだけではない。同時に最高の画質を得ようというコンセプトのレンズだ。

Moment01-e1422848845500

これは望遠、広角それぞれ99.99ドルで販売されている。これはもともと約1年前にクラウドファンディングのサイト『Kickstarter』で資金を集めて市販化にこぎつけたものだそうだ。

1ページ目から読む