iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

 

こんどは本気のケースを開発

しかし、レンズだけでは飽き足らなかったらしい。そのMomentがまた『Kickstarter』に帰ってきた。こんどはiPhone6用のケース『Momentケース』を開発中なのだ。

もちろんiPhone6で本気の写真を撮るためのケースである。最初の特徴は、ケース上部にシャッターボタンを備えていることだ。そして、そのシャッターボタンは、いわゆる“半押し”ができる。半押しにすることでピントや露出(明るさの調節)を確認することが可能だ。いちいち画面をタップする必要がなくなるので、シャッターチャンスを逃す心配が減る。

いっぽう画面をタップすることで、その位置に露出を合わせる機能も残されている。そうすると、シャッターボタンでピントを固定しつつ、露出を画面タップで調整することができる。つまり、ピントと露出を別のポイントで設定することができるのだ。これによって写真の画づくりの自由度は大幅に上がる。これは、コンパクトデジカメでも簡単にできるわけではない本格的な機能だ。

また、このケースにはMomentレンズ装着用のマウントが備えられている。ちゃんとした強度をもつマウントになるので、レンズをiPhoneにつけっぱなしにしても安心だ。そしてケースにはストラップがつけられるので、iPhone6をカメラのようにつねに首からぶら下げて持ち運ぶこともできる。

Moment03

この『Momentケース』、記事を書いた時点で、すでに目標額の倍以上の資金が集まっている。小売価格は79ドルになるようだ。

ここまでやるなら少し本格的なコンパクトデジカメを買ってしまえばいいじゃないかという気もするが、それでもiPhoneを核にして本気のデバイスを追加して思いどおりの写真を撮る、というスタイルに魅力を感じてしまうのだから人間は不思議なものだ。一定の“制約”がひとにロマンを与えるのかもしれない。

スマートフォンで写真を撮り始めて写真への興味が深まったひと、一眼レフは持ってるけどスマートフォンでの撮影も楽しみたいひとにも、どちらからの関心も引きそうなアイテムだ。

 

【関連記事】

※ iPhoneを「倍速チャージ」できる充電器は裏技でもなんでもなかった?

※ 胸元につけるカメラが今いちばんウェアラブル!

※ YouTubeが360度動画に対応間近!全方位カメラが思いっきり楽しめる

※ アクションカメラの「GoPro」が独自ドローンを開発

※ Macもカメラもテレビも!なんでも充電できるモバイルバッテリー

【参考・画像】

※ Moment Case – Kickstarter

※ Moment

1ページ目から読む