FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

2017年に準自動走行システムを導入

自動車各社は実際の道路での実証試験を既に始めているが、目下の課題はリアルな交通環境下で車載コンピューターが歩行者や周辺車両のファジーな動きをどこまで事前に予測できるかだという。

その実現にはまだまだ経験値の積み上げが必要なことから、日本政府は完全自動走行システムの実現の前に、まず準自動走行システム搭載車の2017年市販化を目指している。

具体的には以下の定義で開発が進められている。

・レベル1:安全運転支援システム(実用化済)

自動ブレーキ、前車追従クルーズコントロール、レーンキープアシスト等

・レベル2:準自動走行システム(2017年以降)

加速・操舵・制動のうち複数の操作を同時にクルマが行う

・レベル3:準自動走行システム(2020年代前半)

加速・操舵・制動の全てをクルマが実施、緊急時のみ運転者が介入

・レベル4:完全自動走行システム(2020年台後半)

運転者の関与なし

新幹線の運行制御で50年以上安全記録を更新し続けている日本が次に目指しているのが、交通事故死激減を実現するための自動走行システム。

2017年を皮切りにいよいよ始まるこれらの“高度運転支援システム”の展開に大いに注目したい。

 

【関連記事】

NVIDIAの新作「頭脳」が自動運転を加速させる

クルマの「自動運転」化がもたらす功罪とは?

※ これがほしかった!バッテリーと外付けメモリを足したら便利過ぎる

AI(人工知能)がつかさどる「自動車の未来」最新動向

Googleのハンドルが無い「究極の自動運転車」は時期尚早か

【参考・画像】

TESLA

※ F015 Luxury in Motion

DAIMLER

1ページ目から読む