ワイルドな乗り物が日本上陸!オフロードはキャタピラで攻めろ

あらゆるオフロードを乗りこなす

『DTV Shredder』は、オフロードであれば険しい山道でも、雪上でも、砂の上でも力強く走る一人乗り用の“スポーツ車”という位置づけだ。

立った姿勢でバランスを取りながらワイルドに乗りこなすのがスタイルである。

ハンドルが付いたスタンド部分を畳めば、車のトランクにも入るコンパクトさで、レジャーに持ち運ぶことも可能だ。それこそ山や海、砂丘など、オフロードを楽しめる環境があればどこでも楽しめそうだ。

DTV Shredderで山を走る3台

開発はカナダのメーカーBPG WERKSで、軍事用にも開発が進められており、無人用も開発されているという。

また、『DTV Shredder』はレジャーやスポーツだけでなく、災害時の瓦礫のなかでも機動力を発揮できるため、荷台などを牽引することで、救出や救援物資の運搬用としても利用できる。

搭載エンジンは196ccで4ストロークの14馬力。最高速度は時速40km。ハンドルは折りたためるが、重量が125kgあるので、一人では車に乗せることは困難だろう。

ちなみに『DTV Shredder』は公道は走れないので注意が必要だ。ただし、災害時は例外が認められるらしい。

1ページ目から読む