急増する「ガソリンスタンド難民」を救う2つのアプローチ

1:移動用タンクローリーによる燃料配給

まず現実的な策として思いつくのはこれだろう。しかしながら、現時点では消防法によりタンクローリーからの直接給油は禁止されている。

shutterstock_54653056

そこで、経産省が総務省の消防庁に働きかけて、安全な給油装置の開発により直接給油を可能とすべく、規制緩和に向けて動き出している。

給油装置の開発費などで約1.5億円を2015年度予算案に計上、実証試験を始める予定だ。

1ページ目から読む