ジッパーが「ロボット化」して自動になれば、実はかなり便利では?

ジッパーを開閉する健気なロボット

この自動ジッパー開閉ロボットの『Zipperbot』を開発したのは、米国マサチューセッツ工科大学メディアラボ パーソナルロボットグループのAdam Whiton氏だ。

ファッション・アパレルをテーマとした『Sartorial Robots(仕立屋ロボット)プロジェクト』の一環として発表された。

ただ、『Zipperbot』はジッパーの上を移動して開け閉めするだけなので、ロボットとは大げさかな、と感じたが、動画を見ていたら、なにやら懸命にジッパーを開け閉めしている姿に、やっぱりロボットかな、とも思えてきた。

動画を見るとわかるが、単純な平面だけでなく、曲面でも稼働するため、とても自分一人では閉められないような形状のジッパーも開閉できる。

Zipperbot1

このことはかなり重要で、例えば両手が塞がっているときに上着のジッパーを閉めたいとか、背中にあるジッパーを閉めたいときにも有効だ。

しかし、将来的には宇宙服のような着るのに大がかりな動作が必要な場合に役立つようになるかもしれない。

一端グローブをして細かな作業ができない状態になっても、簡単なボタン操作で宇宙服や作業服が着られるようになれば、かなり画期的だ。

1ページ目から読む