チタンを凌駕する強さを持つ「鉄合金」が未来の自動車を軽くする

製鉄会社と共同で製品化予定

この方法で、従来の鉄よりもずっと強く、それでいてしなやかな軽い鉄を作ることができた。

研究チームはPOSCO(韓国の製鉄会社)と協力して、今年中にも新しい製品を作る計画を立てている。これを自動車のボディなどに採用できれば、強度を保ちながら軽量化することができ、さらなる低燃費化が実現する。

 

近年の円安傾向の影響で、韓国の輸出産業は低迷しているようだが、近い将来、このイノベーションが韓国経済の手助けになっていくかもしれない。また、これによって韓国車の競争力が上がれば、日本の自動車産業にとってはまた新たな脅威になることも考えられる。

ただ、いずれにしろ将来の自動車の燃費性能の向上には大いに期待したい。

 

【関連記事】

※ 急増する「ガソリンスタンド難民」を救う2つのアプローチ

テスラに続きトヨタも「特許を開放」した理由

※ FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

※ 店員がドローンだったら?靴が飛び交う「空中ストア」にようこそ

※ だいぶ…安くなった!? 家庭用燃料電池「エネファーム」の最新モデル 

【参考・画像】

※ POHANG UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY

1ページ目から読む