タッチ一つで変幻自在!25種類ものカードを一元管理する「SWYP」

ユーザーに合わせた予測学習

同様のプロダクトはリリースされているものの、『SWYP』には特筆すべき3つがある。

1つは、カード自身がアルゴリズムによって予測学習することである。カード端末の埋め込まれたチップによって、使う用途によって最適な支払い方法を選び出す。25種類ものカードを登録すると、いざ使うときに選び出すことが煩わしく感じるからこそ生まれた機能であろう。

2つめは、『SWYP』を使っているユーザー同士であれば、瞬時にギフトカードを贈ることができる(『SWYP』にチャージされるイメージだ)。ちょっとした感謝を伝えたいときや、遠く離れた子どもにプレゼントとしても良いだろう。

SWYP2

3つめとして、外装には金属が採用され、耐久性が考慮されている点も嬉しいところだ。

すべてのカードを一元的に管理することで財布から出し入れすることも多くなり、誤って落としてこともあるだろう。2014年の8月にプラスチックでアルファ版をテストし、2014年11月に金属合金を採用することを決定したようだ。金属の質感によって高級感も増した。

このようにユーザビリティを考慮にいれて設計されていることも信頼がおけそうだ。現在米国のみの展開とはなるが、49ドルで予約受付中。2015年秋から市場に投入予定だ。

 

従来のインフラを利用することによって、消費者も提供者側も受け入れやすい仕組みとなっていることが魅力的だ。携帯電話のキャリアなどが採用すれば、日本でも一気に普及が進むことが見込まれる。

財布がスマート化することで購買の障壁を下げ、日本経済にも潤いを与えることだろう。国内での投入を期待したいところだ。

 

【関連記事】

スマホをかざすだけで「探し物」が見つかるなんて…まるで魔法

スマートヘルメットは魅力的だが使うべきだろうか?

ToDoリストやメールなど「大事なもの全て」を知らせてくれる置物

iPhoneもAndroidもこの「デュアル」コネクトケーブル1つでOK

HDDも充電もUSBも全部入り!スマホを救うサバイバルツール

【参考・画像】

SWYP – Qvivr

1ページ目から読む