暗証番号を間違えたら最後…自壊プログラム付きの「TOSHIBA」 USB

本体に暗証番号入力ボタンが付いたUSBドライブ

東芝の米国法人であるToshiba America Information Systemsがリリースしたのは、物理的なボタンを操作することでパスワードを掛けることができるUSBドライブ『Toshiba Encrypted USB Flash Drive』だ。

『Toshiba Encrypted USB Flash Drive』は、差し込んだ先のパソコン画面上でパスワードを設定したり入力したりするのではない。

なんと、USBドライブ本体自身に装備された操作ボタンを直接押すことで、USBドライブ単独でパスワードを設定することができるのだ。

もちろん、パスワードを入力して解除することも、USBドライブ本体だけで操作を完結させられる。

『Toshiba Encrypted USB Flash Drive』の本体には、0~9までの数字ボタンがあり、これらを実際に指で押すことで、まるで金庫を開けるときのように暗証番号を入力する。

数字ボタンを押して解除

すると、USBドライブ本体のLEDの点灯する色で、パスワードが解除されたかどうかがわかる仕組みだ。このLEDがロックされているかどうかを知らせてくれるので、解除されたままであればすぐに気付く。

もしロックされた状態であれば、内部のデータは、現在のところもっとも堅牢な暗号化方式といわれるAES 256-bit方式で暗号化されている。従って、ロックされていれば、盗まれても落としても安心だ。

それだけではない。もし、何者かが暗証番号を解読しようと挑戦しても、10回の認証に失敗すれば、Brute Force Hack Defense Mechanismというシステムが起動して、USBメモリに保存されているデータを自ら完全に破壊してしまうのだ。

徹底したデータ保護対策が施されている。

1ページ目から読む