2040年、土星の衛星「タイタン」の海に潜水艦が潜る

目指すはタイタンの海

タイタンは科学者達にとって、注目すべき衛星だった。

衛星とはいえ、水星より大きく、気圧は地球の1.5倍ほどだ。その大気のほとんどは窒素(97%)とメタン(2%)で、気温はなんと−179度とされている。そこに、液体メタンの雨が降り、川が流れ、海ができている。

探査機ボイジャー、カッシーニ、ホイヘンスからのデータにより、タイタンには3つの大きな海があることがわかっている。そのなかでも最大のものが、Kraken Mareだ。ここがNASAが潜水艦を送り込もうとしている海だ。

Kraken Mareの探査はかなり挑戦的な試みとなる。このメタンの海は、400,000平方キロメートル、深さは160メートルと見られており、潮流もある。

また、タイタンでは、潜水艦を地球からリアルタイムで制御できないという問題がある。

タイタンとの連絡は、片道80分かかるため、何か命令を送信しても、その結果が返ってくるまでに160分かかってしまうのだ。

Titan Submarine潜水中

しかも、タイタンは太陽から遠いため、太陽光発電は期待できない。

潜水艦が収集したデータは、浮上の際(1日の内16時間)に、巨大な背びれのようなアンテナから地球に送信する。浮上と潜水はバラストタンクで調整される。

調査結果を地球に送信

1ページ目から読む