2040年、土星の衛星「タイタン」の海に潜水艦が潜る

地球以外の天体で潜水艦が稼働しているとき

以上はまだ、『Titan Submarine Phase I』という机上の計画であり、概念である。NASAの見込みでは、2040年頃にタイタンに到着させたいと考えているようだが、まだまだ課題は多い。

それでも、地球以外の天体で、地球人が作った潜水艦がミッションを遂行している姿を想像すると、かなり興奮する。

 

【関連記事】

※ 火星探索が一気に進む!? 「偵察ヘリ」はローバーと相性抜群だった

※ 本当の臨場感をスマート3Dヘッドフォン「NEOH」で体験できる

※ やっぱり日本はすごかった!月探査コンペでハクトの「ローバー」が中間賞

※ 羨ましい!今の子供は「3Dプリントペン」で空中に立体を描ける

※ NASAと日産が●●でパートナーシップを結ぶ理由

【参考・画像】

※ NASA reveals concept submarine that could explore the methane seas of Titan – ExtremeTech

1ページ目から読む