スマホの充電に「太陽電池」はかさばるって?じゃあ巻いてみよう

パピルスの巻物にヒントを得たソーラーチャージャー

デザインに関するコンサルタントを行っているオランダのWAACSが、太陽電池チャージャーをコンパクトにして持ち歩ける製品をデザインした。

使わないときには柔軟性のあるソーラーパネルを巻くことができ、カプセル状のケースに収納できる『Rollable Solar Charger』がそれだ。

Rollable Solar Charger

収納されたケースを見ても、まさかソーラーパネルを引き出せるとは想像がつかない。あ、これはクイズ番組で使えそうだ。さて、この筒状の道具は何でしょう? なんて。

この筒状のケースのスリット部分をつまんで引き出すと、必要に応じてソーラーパネルが出てくる。引き出したソーラーパネルで、どこでも発電し、そのままモバイルデバイスに充電できるのだ。

Rollable Solar Chargerから引き出されたソーラーパネル

『Rollable Solar Charger』は高効率の太陽電池だが、とにかくデザインに拘りがあった。

デザインのヒントは古代の紙であるパピルスの巻物だという。そこでフレキシブルなソーラーパネルが採用された。これで、充電スポットがない環境でも、モバイルデバイスにUSB接続さえできれば、太陽光で発電しながら充電できる。

Rollable Solar ChargerにUSBを差し込む

また、『Rollable Solar Charger』はコンパクトなだけでなく、本体にアルミニウムが使用されているので、軽量化も図られている。かなり携帯性が優れた太陽電池が完成した。

1ページ目から読む