薄すぎる…!0.08mmの「フィルムスピーカー」の応用は無限大

透明なフィルムが音を出す

『PVDF Piezo Film』の“PDVF”とは、Polyvinylidene Fluoride Piezoelectric Film(ポリフッ化ビニリデン圧電フィルム)の略で、まだ比較的新しいタイプの圧電装置を示す。

つまり、PDVFは均一なパターンで分子が整列した薄いプラスチックポリマーシートといえ、シートの両側には電導性のコーティングがされている。

ここに電圧を加えると、フィルムが収縮することで音を出せるということだ。

このフィルム上に直接電線などをハンダ付けすることはできないが、各辺の縁にインクで導電層を印刷することで、通電できるようになる。

PDVFは薄く軽量であり、柔軟性もあるため、様々な形状に加工することができる。しかも耐衝撃性もあるのだ。

音源としては0.001Hz~10GHzという広域の周波数をカバーしており、低音響インピーダンスを持ち、高い絶縁耐力と機械的耐久性を備えている。

また、耐湿性もあり、多くの化学物質に対して不活性であるという性質もある。けっこうタフな素材であるといえる。

そして『PVDF Piezo Film』は、通常のスピーカーのような高い電圧や複雑な電子機器を必要としない。しかも標準的なオーディオアンプを利用して高質な音を出すことができる。

スピーカーキット

1ページ目から読む