薄すぎる…!0.08mmの「フィルムスピーカー」の応用は無限大

応用範囲のアイデアはいくらでも出てくるだろう

クラウドファンディングの『Kickstarter』では、『PVDF Piezo Film』の利用範囲について、紙のヘッドフォンや音が出る名刺に使える例を遠慮深く挙げているが、その程度では収まらないだろう。

音が出る名刺

例えば本やクリスマスカード、はがき、ディスプレイ用のガラス、壁、窓、鏡、カード型ラジオなど、いくらでも活用のアイデアは出てきそうだ。

とにかく、これまでスピーカーに厚みがあるために装着できなかったあらゆる物に利用できそうだ。モバイルデバイスも、スピーカーのためのスペースが節約できればさらなる進化を遂げるだろうし、スペースが小さい様々なウェアラブルの音源として利用できる。

『PVDF Piezo Film』が資金調達が成功し、量産されるようになれば、多くのメーカーも着目するはずだ。

 

【関連記事】

※ 空気を叩く「エアドラム」がバンドのドラマー不足を解消するかも

※ アナログレコード所有者に朗報!デジタル音源に簡単に変換できるプレーヤー

※ まだプレゼンにノートPC?スマホと指輪で十分事足りそう

※ そしてオーディオはハイレゾの時代に突入する

※ 構造改革を進めるソニー、「ビデオ&サウンド事業」も分社化

【参考・画像】

※ PVDF Piezo Film Technology by Richard Haberkern – Kickstarter

1ページ目から読む