空中で「トランスフォーム」するVTOLドローンなんて欲しすぎる!

マルチコプターから飛行機へ変形する

クラウドファンディングのサイト『Kickstarter』で、『SkyProwler』というドローンが資金を募集中だ。一見、飛行機のような主翼と尾翼、垂直尾翼を持つドローンだが、4つのローターを持つクワッドコプターとして垂直離陸することが可能だ。

『SkyProwler』は、4つのローターを持つマルチコプターとして使うこともできる。しかし、そのほかに推進用のプロペラを2つ持ち、通常の飛行機としても使うことができるのだ。

離陸はローターを使った垂直離陸。そこからまずはローターで揚力を確保しつつ水平飛行をはじめ、スピードが上がれば翼による飛行へと移行する。そして、その際は4つの離着陸用ローターをボディ内に格納することもできる。着陸の際はまたローターを出して、垂直着陸が可能だ。

これにより、離着陸のための長い滑走路を必要とせずに、『SkyProwler』はマルチコプターでは不可能なスピードや飛行時間、航続距離を実現している。

1ページ目から読む