空中だろうがニュルニュル出力する!クモの糸にヒントを得た3Dプリンター

実用性は後から付いてくる?

『Robotic Extrusion』は空間に自由な形状を出力できることがわかったが、いったいどのようなことに役立つのかはわからない。

現在はアートにしか見えない

いまのところ、出力された物体はアートのようなもので、実用性は見出し難い。しかし、このような自然界をヒントにした技術は、様々な分野で応用されていくことが多く、今後の展開を楽しみにしたい。

 

【関連記事】

※ 3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

※ 電子回路を内蔵したボディが作れる「3Dプリンター」が登場!

※ 3Dプリンターの精巧な心臓レプリカが子供の命を救う

※ 次世代環境車の本命!? プリウスPHVの底力

※ HIV検査がスマホでわずか15分?このデバイスは医療の革命か

【参考・画像】

ROBOTIC EXTRUSION(6-Axis KUKA+ABS 3D Printing) – Behance

1ページ目から読む