中国が大きく牽引!2014年の「新設風力発電」が過去最高と発表

世界全体で年間新設量5,000万kw超は初

世界全体で5,148万kwの新設があった2014年だが、年間で新設量5,000万kwを超えたのは初めてのこと。前年からは44%増となり、過去数年に風力発電が直面していた難局からの脱出、回復を示す“根拠の確かなサイン”だとGWECはいう。2014年末時点での発電能力は3億6,955万kwとなる。

GWECは、コストが低く安定した風力発電が、化石燃料の価格変動に対するリスクヘッジを模索する公益事業体、独立系発電事業者といった主体にとって魅力的なオプションになっていると分析している。

1ページ目から読む