空中に消費カロリーを表示するスマート縄跳び『Smart Rope』

フィットネスデータをリアルタイムで空中に表示

『Smart Rope』がどのようにして各種数値を空中に表示させるのか。

実はロープの部分にLEDが内蔵されており、縄跳びをしてロープを回すと、ちょうどユーザーの目の前に縄が来るタイミングで発光して、空中に文字を浮かび上がらせる仕組みになっている。

ロープにLED内蔵

『Smart Rope』で縄跳びをすると、跳躍回数が取得され、予め登録しておいた個人情報から消費カロリーなどの計算がされる。

取得された情報は、スマートフォンやスマートウォッチでも管理できるようになる予定だ。それらのデバイスとの連携のため、『Smart Rope』にはBluetooth 4.0が装備されている。

また、『Smart Rope』はロープが回転しやすいように、ハンドルに対して45度でロープが取り付けられており、さらにスムーズに回転するようにベアリングが採用されている。

ハンドルとロープの接続部

『Smart Rope』が空中に浮かび上がらせる文字は、様々なフィットネス情報で、最大4桁までを表示できる。経過時刻や跳躍回数、消費カロリー、タイマーなど、表示したいデータの種類はユーザーが自由に設定可能だ。

 

『Smart Rope』は現在クラウドファンディングの『Kickstarter』で資金を募集中だ。

ロープにLEDが内蔵されているので耐久性が気になるところだが、トレーニング中に目の前に消費カロリーが表示されれば、モチベーションは高まるだろう。

縄跳び愛好家には、たまらない逸品に成りそうな気がするが……。

 

【関連記事】

※ 運動の基本は足でしょ!「スマートインソール」が走りを分析してくれる

※ ホバーボードよりも電気ボードが全然実用的

※ データを1000年保存するには「DNAを使うといい」って…

※ ワイルドな乗り物が日本上陸!オフロードはキャタピラで攻めろ

※ 電池が切れたら漕げばいい!「自転車」でスマホが充電できるようになった

【参考・画像】

※ SMART ROPE – TANGRAM FACTORY

1ページ目から読む