燃料電池自動車「MIRAI」が丸裸に!トヨタが組み立てラインを動画で初公開

搭載前の水素タンクも見られる

トヨタが『MIRAI』の生産ラインの動画を発表した。ご存知の方も多いとは思うが、『MIRAI』は国産初の量産FCV(燃料電池自動車)だ。燃料である水素を、燃料電池“FCスタック”において酸素と反応させ、発電をしてモーターで駆動する。

排出するのは水のみ。つまり、温室効果ガスは排出しない。

MIRAI3

モーター駆動でありながらEV(電気自動車)と違うことは、バッテリーに蓄電した電気を消費するのではなく、随時発電を行うことだ。

そしてEVは航続距離が短く(長くするためには大量のバッテリーを搭載する必要があるため重くなる)、充電に時間がかかるのに対し、FCVは航続距離を長くでき、水素の再充填時間も短い。

したがって、FCVのパワーユニットは通常のガソリン自動車と大きく異なる。ガソリン自動車では、スペースを有効活用するべく、ガソリンタンクの造形をやや複雑にできるが、『MIRAI』は純然たる円筒形の水素タンクを搭載する。水素の高圧に耐えられないといけないので、タンクの形状には自由度がないのだ。

また、前部のボンネット下には車輪を駆動するモーターユニットがエンジンの代わりに収められるが、そのほかに発電装置であるFCスタックをフロア下に搭載している。動画を見ると、このFCスタックと前述の水素タンクが、けっこうかさばることがわかる。

MIRAI4

1ページ目から読む