燃料電池自動車「MIRAI」が丸裸に!トヨタが組み立てラインを動画で初公開

MIRAIの製造は手作業が多い

それにしても、『MIRAI』の生産ラインを見ると手作業が多い。

MIRAI5

量産ガソリン車では機械に任せるようなシンプルな作業まで人間が行っているように見える。これは作業が難しいからではなく、3台/1日という生産量から、わざわざオートメーション化した生産ラインを構築するのは効率が悪いからだろう。

 

実際のところ、FCVはEVと比べるとはるかに技術的に高度なことをやっている。EVはテスラのような新興メーカーでも作れるが、FCVはそうはいかない。トヨタのような大企業だから作れるものだ。

とはいえ、FCVが今後普及するためには、当面は水素を補給できる水素ステーションの不足が課題となる。しかし、そういった問題が解決され、FCVが大量生産されるようになったら、燃料電池自動車ももっとオートメーション化された生産ラインで製造されるようになるのだろう。

 

【関連記事】

※ 20年先を見越したトヨタFCV「MIRAI」インタビューまとめ

※ 日本初の移動式水素ステーション「ハイドロシャトル」開設

※ 知らないと損する!初心者向け「FCVの仕組み」まとめ

※ たったの3秒でモバイル11台分!手のひらサイズの燃料電池が登場

※ 薄すぎる…!0.08mmの「フィルムスピーカー」の応用は無限大

【参考・画像】

MIRAIの生産シーン、初公開! – TOYOTA Global Newsroom

1ページ目から読む