フライトシミュレーター導入でホンダ製「小型ジェット機」の発売迫る!?

巡航速度778km/hを実現する7人乗りジェット機

『ホンダジェット』は、ホンダ創業者の故・本田宗一郎氏の夢でもある“航空機事業への参入”を実現するために開発された、オール自社製の航空機だ。

富裕層やビジネスマンから需要のあるアメリカで発売予定の同機。ボディは全長42.62フィート(12.99m)で7人乗り。

主翼上にエンジンを搭載する独特なデザインを採用するなどで、巡航速度778km/h(420ノット)、航続距離は2,185kmを実現する。

同タイプの航空機のなかでは、かなりの高性能ぶりを発揮する『ホンダジェット』は、当初発売予定だった2013年にかなり注目を浴びた。

が、FAA(アメリカ連邦航空局)の型式証明取得が遅れるなどで、デリバリーは延期。発売予定は本年2015年に変更されていた。

1ページ目から読む