スマホで尿検査してみる?ヘルスケアは自宅で簡単&スピーディに

12種類もの試薬での検査が自宅で簡単に

これまでも自宅で尿検査することができなかったわけではないが、それは妊娠検査の試薬を使ったものに限られていたと思う。しかし、今回Scanadu社が開発した尿検査キット『Scanaflo』は、より高度で多目的な検査に対応できるとしている。

12種類の試薬で検査できる

『Scanaflo』は小さなへらのような器具で、最大12種類の試薬による検査を可能にしている。このへら状の『Scanaflo』を尿に浸すことで試薬に反応させる。

その結果、グルコース、タンパク質、白血球、亜硝酸、尿中血液、ビリルビン、ウロビリノーゲン、微量アルビミン、クレアチニン、ケトン、比重、pH値に試薬が反応する。

尿に浸した後の『Scanaflo』を、製品中央に印字されているQRコードを読み込むようにiPhoneで撮影すると、専用アプリが各試薬の色を一括スキャンして読み取り、健康状態に異変がないかどうかが判定される。

 

自宅での検査が医療環境を改善する

『Scanaflo』はまだテスト段階で、FDA(米食品医薬品局)の認可を受けていないため販売も開始されていない。順調にFDAの認可が受けられれば、多くの人が病院に行く回数を減らすことができ、病院の待合室にゆとりができるかもしれない。尿検査の必要を感じている人達は、自宅で『Scanaflo』を使って検査し、異常が見られなければ病院に行くことを控えると予想されるからだ。

もし『Scanaflo』が異常を検出したら、それから病院に出向き、より精密な検査をうけることになるだろう。『Scanaflo』のようなパーソナルヘルスケア製品は、医療環境の改善にも効果があるかもしれない。

 

【関連記事】

※ HIV検査がスマホでわずか15分?このデバイスは医療の革命か

血糖値管理は「ワンタッチ」で!自分で簡単に検査できる測定器

※ やっぱりノーパンがイイ!もう何も怖くない次世代タイヤ 

※ 12倍も早く治る!? 美容技術「フラクショナルレーザー」が古傷治療にも有効

※ タンパク質が違った!「自閉症」は唾液検査で早期発見が可能に

【参考・画像】

※ Scanadu

※ Get the Hospital in Your Palm with Scanaflo – Digital Cosmopolitacn

1ページ目から読む