ナミダは操れる!ドライアイから解放してくれる涙腺インプラント

微弱電流パルスが涙を促進する

Ackermann博士と彼が設立した会社では、涙腺に微弱なパルス電流を出すことで涙の分泌をうながす2種類のデバイスの開発を進めている。ひとつは鼻腔の粘膜に埋め込むもの。もうひとつは眉毛のあたりの皮膚の下に埋め込むものだ。いずれもワイヤレスコントローラーによって涙の分泌頻度を調整できる。

この研究のスタートとなったスタンフォード・バイオデザインのプログラムがなかなかユニークだ。ここでは毎年、医学や工学、ビジネスなどの学歴、実績を持つ者12名のみを受け入れる。そして、彼らは医療の分野で新しいニーズを満たすような技術や装置の開発に取り組むのだ。

Ackermann博士も、ケース・ウエスタン大学でバイオ医療技術の博士号を取得し、医療器具の会社に勤めた後、このプログラムに参加した。彼はまず外科医や医療工学の大学院生、バイオ工学の博士と一緒にチームを組み、眼科医療の分野におけるニーズを探った。そこでドライアイが大きな問題になっていることを知った。

目は本来、まばたきするたびに、脂分や水分、タンパク質、粘液を含む涙で潤滑される。それが不足するのがドライアイだが、原因は様々で涙腺の障害だったり、なにかの薬の副作用だったり、妊娠や更年期症状によるホルモンの変化だったり、免疫機能の異常と関連していたりする。

対処としては、目薬と抗生物質の乳液がポピュラーだが、目薬は冷蔵しておかなくてはいけないため、必要なときにすぐに使えないし、涙の成分すべてを補えるわけではない。また、抗生物質の乳液は目の炎症への対処療法であって、根本的な解決にはならない。

そこでドライアイの治療に大きなニーズがあると考えたAckermann博士らのチームは、新たな治療法を検討した。そして、もともと神経調節の知識があったAckermann博士は、涙腺の神経を刺激することで涙を分泌させる方法を思いついた。それは、これまでの治療法と根本的に異なるアプローチだったが、やってみる価値がありそうだった。

しかし、最初の装置のアイデアは臨床医に一蹴される。首に装着するペースメーカーのような大きなものだったからだ。そしてふたたび眼科医のところに持って行った試作品は、実現すれば大きな注射器で眉毛の下に注射することも可能になるんじゃないかと、その眼科医が思うほど小さいものになっていた。

1ページ目から読む