次世代エコカー「クリーンディーゼル車」はモータースポーツで通用するのか?

クリーンディーゼル車の利点はズバリ燃費

PHVやFCVなどに代表される次世代エコカーのひとつとして今、クリーンディーゼル車にも注目が集まっている。ディーゼルの利点はズバリ燃費だ。同じ排気量のガソリンエンジンに対し2割以上の燃費向上が期待できたのであるが、ネックは排気ガスに含まれる窒素酸化物と粒状性物質、いわゆる黒煙のもととなる物質の排出だった。

石原慎太郎氏が都知事であった時代にディーゼルのアンチキャンペーンが行われた結果、対策を施し難い排気量の小さな乗用車のディーゼルエンジンは21世紀初頭に姿を消した。しかし、尿素を使った排気ガスのクリーン化を発端にディーゼルのクリーン化が積極的に行われ、2010年には日産エクストレイルがクリーンディーゼル車を発表しディーゼル復権の狼煙を挙げ、そこから遅れること2年の2012年11月に、マツダは“スカイアクティブテクノロジー”と称するテクノロジーテーマで開発されたクリーンディーゼルエンジンを搭載した中型車アテンザを発表。

以後、マツダのスポーツカーとミニバンを除く全てのラインナップにクリーンディーゼルを設定し、いまやマツダの全販売数の半数以上がクリーンディーゼルとなっている。

2002

1ページ目から読む