Appleだけじゃない!サファイアガラスを採用したHuaweiのスマートウォッチ

レイヤー構造のUIを採用したシンプルなデザイン

世界的な通信機器メーカー『Huawei(ファーウェイ)』は、先日スペイン・バルセロナで開催された世界最大級のモバイル展示会『Mobile World Congress 2015』で、アンドロイドウェア搭載のスマートウォッチ『Huawei Watch』を発表した。

磨き抜かれたステンレスフレームに高級感のある文字盤は、一見普通の腕時計のように見えるが、これはタッチセンサー式のディスプレイなのだ。

腕時計型のデバイスだとその小さなディスプレイで操作しなければならないため、スマートフォンのようにアイコンを表示しておくのはあまり利口な方法ではない。

そのため、『Huawei Watch』ではディスプレイをレイヤー状にしており、PCでブラウザやファイルを開いて画面上に重ねていくように、必要な機能を全面に呼び出したり、引っ込めたり、半分だけ表示させたりといったUIになっている。普段は時計として使いながら、必要なシーンになると下からスッとページが表示される。

d2531-65-431826-0

1ページ目から読む