新MacBookは問題児なのか?アップルが描くPCの未来とは

新MacBookは新しいPCへの第一歩

多分、アップルはそのような反応があることは承知のはずだ。しかし、USB-C端子は1つという決断を下した。そこにどんな意味があるのだろうか。

それは“完全なワイヤレスの世界”への始まりなのかもしれない。現状は新MacBookへの給電も、iPhoneの充電も、外部ディスプレイへの接続もケーブルなしでは行えない。しかし、アップルはこれらも無線化するつもりなのではないだろうか。

無接点充電の技術を採用することで、ケーブルレスでの給電や充電を可能にし、Wi-Fiによる外部ディスプレイ接続の新規格を開発。そして、数年後にはそれが当たり前のようになり、ケーブルを接続するという行為が古めかしいものに感じることだろう。新MacBookのUSB-C端子は、アップルが目指す“完全なワイヤレスの世界”への決意表明だ。

すでにアップルには、“完全なワイヤレスの世界”が見えているのかもしれない。そう考えると、たったひとつのUSB-C端子ですら、もしかしたらなくなってしまう可能性もある。そしてそれが、アップルが思い描いている“完全なワイヤレスの世界”なのだろう。

 

【関連記事】

※ 「18時間」はアリなのか?Apple Watchのバッテリーまとめ

※ 欲求不満な人は充電し放題!「性欲発電」が地球をクリーンにする

※ スマホバッテリーの究極系がキタ!? 指で触ると発電するシート型

※ スマホの充電に「太陽電池」はかさばるって?じゃあ巻いてみよう

※ 次世代環境車の本命!? プリウスPHVの底力

【参考・画像】

Macbook – Apple

※ USB-C Digital AV Multiportアダプタ

1ページ目から読む