ストーカーか!? 位置情報を監視するドライブレコーダー「DrivePro 220」

常に位置情報を取得しているドライブレコーダー

『DrivePro 220』は300万画素のCMOSセンサーとF値1.8の大口径レンズによりフルHD録画が可能で、赤外線フィルタを搭載したことで、夜間の撮影も強化されている。また、広角130度のワイドアングルで左右の映像もカバーできている。

広角130度のワイドアングル

そして大きな特徴は、GPSを搭載していることだ。このことによって、『DrivePro 220』は常に位置情報と時刻を取得しており、トラブルが起きてレスキューを呼ぶ際に居場所を伝えることが容易になっている。

常に位置情報を取得しているため、スマートフォンの無料アプリを利用すれば、走行ルートを地図上で確認することができる。16GB microSDHCカードが付属しているので、最大120分のフルHD録画も可能だ。また、Wi-Fi接続が可能なので、専用アプリを使えば本体の各種設定を行うこともできる。

WiFi接続

しかも、『DrivePro 220』は事故が起きたときのことだけでなく、防ぐ機能も搭載されている。それが車線逸脱防止支援システムと前方衝突警報システムだ。

DrivePro

車線をはみ出した場合や、前方の車との距離が近付きすぎると、警告音で知らせてくれる。

DrivePro2

1ページ目から読む