メリットしかない?折り畳めるようになったチェーンレス自転車

前輪はモーター、後輪は人力

『JIVR  Bike』と名づけられたこの自転車、電動と人力のハイブリッドだ。基本的にはモーターで走ることを想定しているようだが、バッテリー切れの際は人力で走れるようになっている。前輪のホイール内にモーターを搭載し、電動は前輪で、人力の場合は後輪で駆動するようになっている。

電動では時速25km、または32kmまで出すことができ、航続距離は約30kmとのことだ。

たしかにチェーンを廃した姿はシンプルで美しい。なんでも独自にチェーンレスの駆動機構を開発し、それをフレーム内に収めたということだが、詳細な説明はない。クラウドファンディングで資金を集めているくらいだからインチキではないだろうが、少々うさんくさい。

JIVR_02

また、この自転車の機能はもりだくさんだ。スマートフォンを接続することができるため、移動距離や消費カロリーを見れたり、GPSナビゲーションを使えたりする。『iBeacon』にも対応していて、近くのスマートデバイスなどとやりとりができるようにもなっている。

1ページ目から読む