ジェスチャーだけでモノを操れてしまう魔法の指輪「Ring ZERO」

初代『Ring』のリベンジ成るか

『Ring ZERO』が初代『Ring』から進化したのはジェスチャーの認識率といった性能だけでなく、重量も約3分の1に軽量化されている。色はShiny WhiteとMatte Blackの2色で、サイズはS(内径19.0mm、重量4.6g)、M(内径20.6mm、重量5.0g)、L(内径22.2mm、重量5.4g)の3種類となっている。

発売されるパッケージには『Ring ZERO』本体の他に、バッテリーチャージャー、USBケーブル、サイズ調整器具が同梱される。

すでにAmazonで予約販売されているが、発送開始は2015年4月30日の予定だ。初代『Ring』はデザイン変更や出荷の遅延、また、サイズが大きすぎたことやジェスチャーの認識率の低さで批判を浴びた経緯があるが、『Ring ZERO』ではリベンジと成るだろうか。

 

【関連記事】

※ 時計関係者だからこそ注目する「Apple Watch」のポイントって?

※ 名刺入れがスキャナーになったら便利すぎた「ケースキャン」

※ 音を骨に直接伝えるだと?イヤホンなしで音楽が聴ける次世代サングラス

※ 次世代カーの新しい選択肢!世界初の低圧電気自動車「QUANTiNO」

※ 空飛ぶ豪華フェリー?完璧すぎる超大型エコ旅客機「Progress Eagle」

【参考・画像】

※ Ring ZERO – Logbar

※ 指輪型ウェアラブルデバイス Ringの最新モデル「Ring ZERO」 – 株式会社ログバー

1ページ目から読む