真っ赤な液体から「モノが生まれる」超高速3Dプリンターがキモすごい

『CLIP』技術による大幅なスピードアップ

瞬間的に見ればこの3Dプリンターも2Dの積み重ねではあるが、時間の経過とともに見れば対象物は連続的に成形される。“窓”に映写する紫外線の映像は映画のように変化するものでよい。この方式によって、『CLIP』は従来の3Dプリンターよりも圧倒的に速い造形スピードと、安定した品質を実現するという。また、できあがった造形物の表面はなめらかであり、使えるポリマー材料の幅も広いという。

これまでの3Dプリンターは、造形に時間がかかっていた。加えて、前述したレイヤー構造による特有の弱さのため、3Dプリンターが活用されるのは試作どまりというケースが多く、大量生産にはあまり向いていなかった。

しかしこの『CLIP』は、これまでの3Dプリンターの欠点を一気に解決した。これによって産業界における3Dプリンターの活躍の場はさらに広がっていくのかもしれない。

 

【関連記事】

※ 3Dプリンターの精巧な心臓レプリカが子供の命を救う

※ 空中だろうがニュルニュル出力する!クモの糸にヒントを得た3Dプリンター

※ がん治療に現れた強力な新人「ゴールド・ナノチューブ」とは

※ 名刺入れがスキャナーになったら便利すぎた「ケースキャン」

※ 3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

【参考・画像】

※ Stay up to date with the latest – Carbon3D 

1ページ目から読む