究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する

走行中に「ながら充電」する技術

そんな電欠ストレスからEVユーザーを解放する技術が存在する。それが究極のワイヤレス給電ともいえる“走行中給電”。道路上に送電装置を仕込むことで走行中の充電を可能にする技術だ。

SOUMU

この技術のベースとなるワイヤレス給電については既に実用化段階にある。身近なところでは、WPC(Wireless Power Consortium)規格『Qi(チー)』に準拠した“おくだけ充電”や電動歯ブラシなどだ。

YRP

ワイヤレス給電には主として2方式があり、弱電製品では2コイル間に発生する磁界を介して電力を伝送する『電磁誘導方式』が一般的だが、クルマの場合は磁界の共鳴現象を利用して電力を伝送する『磁界共鳴方式』が主流になりつつある。

その理由は、『磁界共鳴方式』のほうが送電側と受電側(車両側)コイルの位置ズレに寛容なことと、電力を飛ばす距離を長くとれることの2点がある。

TOYOTA

駐車場等に設置したワイヤレス送信機の位置に合せて車両を駐車、そのままの状態で充電を完了する。走行中給電の実現にこの『磁界共鳴方式』を使おうという訳だ。

国土交通省が管轄する国総研(国土技術政策総合研究所)の研究によれば、道路の構造や維持管理を考慮した場合、路面アスファルトの中ではなく、地表より60cm以上深い路盤に給電用コイルユニットを埋設する必要があるとしている。

『磁界共鳴方式』では道路に用いられる砕石やアスファルト等があっても殆ど影響を受けない。磁界を主に用いることや、送受電装置間の距離が1mから2mと長く、位置ズレに強いという特徴があるため、走行中給電に向いている。

WTPS

現在研究されているワイヤレス給電技術は、停車中給電を対象としているため、送電装置と受電装置は同形状、同サイズのコイルを用いた例が多いが、国総研では送電コイルと受電コイルの大きさを極端に異なるサイズとすることで走行時に安定した給電ができるなど、良好な結果を得ているそうだ。

1ページ目から読む